大人ボブ アメリカンニューシネマ

定番中の定番ヘアといえばやはり【BOB】ですよね。美容師的には技術力とセンスが問われるスタイルです。古くはワカメちゃんやレオンのマチルダ、Newクレラップの姉妹など個性を発揮しやすい髪型でもあります。と同時に大人ならではの色気や毒気を漂わせることもボブなら表現しやすいです。
そんな大人ボブといえば大好きな映画からこの2人。


アメリカンニューシネマと呼ばれるムーブメントの代表的な作品で、銀行強盗を働きながら旅を続けるカップルの衝撃的なラストシーンで有名な【ボニー&クライド】からフェイ・ダナウェイです。


シャープなボブにシャープなメイク。作品中のファッションを含めた楽しみ方も出来る名作ですが、とにかく銃を乱射しながらペテンを続けて行く程の肝の据わった女性像がヘアメイクとマッチしています。

そしてもう1人はやはり名作【パリ、テキサス】のナスターシャ・キンスキーです。


この映画自体が気怠さと埃っぽさにまみれているのですが、リップにセクシーな赤が使われていたりバックに映る電話や着ているニットの赤のミスマッチが赤のセクシーさを強調しています。この柔らかいカールのボブやメイクがより女性の性的なメタファーとなっているのです。




青文字系に代表される可愛いボブもいいですがオトナ女子にしかないセクシーさを大人ボブに潜ませてみたいですね。流行りの新作も素晴らしいけど古い名作もたくさん観て勉強しましょうね\(^o^)/ 


#オトナ女子 #大人ボブ #映画 #名作 #cinema #muse #americannewcinema #ボニーとクライド #bonnieandclyde #フェイダナウェイ #fayedunaway #パリテキサス #paristexas #ナスターシャキンスキー #nastassjakinski #表参道 #美容院 #美容室 #bob #ボブ #hair #hairsalon #ing #イング #ヘア #美容師 #美容学生


【ALWAYS ON THE RUN】 MORi's Ownd

南青山・代官山・麻布十番のヘアサロン【ing】のディレクター大森です。表参道・青山・原宿エリアでキャリアを重ねてきました。その中で培われたアンテナを張り巡らしキャッチしたことをアウトプットしていきます。美容ネタはもちろん、目に留まったものやキレイなもの、心を動かされたものなどを綴っていきたいと思います。

0コメント

  • 1000 / 1000